ムカバズ(ドラマ)1話あらすじ&ネタバレ!無料動画の配信情報についても

『向かいのバズる家族』(むかいのバズるかぞく)の第1話が、2019年4月4日に放送されました。

読売テレビ制作・日本テレビ系で、毎週木曜に放送される『木曜ドラマF・プラチナイト』枠の連続ドラマになります。

内田理央さんが主演を務める、主人公の篝あかりのSNSがバズったことで、彼女の生活は一変。

一見幸せそうで、ごく普通のあかりの家族も、巻き込んだ一大騒動へと発展していきます。あかりの家族は、人生はどうなってしまうのでしょうか?

そんなムカバズ第1話が、放送されましたので、番組内容をご紹介していきます。

今すぐ1話をご覧になりたい方は、こちらから↓

第1話の見逃し配信はこちらから

あらすじ│向かいのバズる家族のストーリーは?

あらすじ

SNSをめぐる家族の崩壊と再生を描く、新しい形の家族ドラマ。

主人公は、カフェの店長を務める、篝(かがり)あかり。真面目で周囲からの評判も良い女性だが、夜な夜な黒いバッグを抱え向かう場所があり、まったく違うもう一つの人格を持っている。

そのことは家族や友人、同僚にも絶対に秘密だった。そんなあかりが、思わぬ出来事、ある動画がきっかけで“バズる”ことになり、突然“インフルエンサー”への坂道を登っていくことから物語は始まる。

あかりは、両親と弟の4人家族。一見、幸せなどこにでもいる家族だが、その裏では、投稿した動画がバズったり、リアルでの仕事が批判されて炎上したり、正義を振りかざしバトルを繰り広げたりと、一人ひとりがSNSの世界にのめりこんでいき、やがて家族の平穏に異変が起こる。

バズるの意味

短期間で爆発的に話題が広がり、多くの人の耳目や注目を集め、巷を席巻すること、といった意味で用いられる言い回し。主にインターネット上におけるソーシャルメディア等を通じた拡散などについて用いられる。

たとえばTwitter(ツイッター)上で盛大にリツイートされて拡散・急上昇している状況はバズっている典型的な状況といえる。むろんTwitter上での拡散だけが「バズる」と表現される現象であるというわけではない。

「バズる」の由来は英語の動詞 buzz を日本語化した語と捉えられる。語尾「る」を活用することで「バズっている」「バズった」という風に文脈に応じた使い方ができる。

1話のネタバレ│見逃し配信の情報も

父親、母親、姉、弟の4人家族の篝(かがり)家は、全員同じ家で暮らすごく普通の一般家庭。

たばこを吸いながらスマホでゲームをする父、ベッドで楽しそうな顔しながらスマホをいじる母、パソコンに夢中になる大学生の弟。

みんなお互いに、ネットに向かって、毎晩夜な夜な何をしているか知らない。でも、それが普通の家族、それが一般的な家庭。だから問題ないと信じていたあかりでした。

翌日も、いつも通り満員電車に揺られながら、自分が経営するカフェへ出勤しますが、あるお客さんから怒鳴られクレームを言われてしまいます。

しかし、その様子を録画していたお客さんが、その光景をSNSに投稿。

すると、その投稿が大炎上してものすごい勢いで拡散、それと同時に店長のあかりがかわいすぎると一気にバズった結果、カフェはあかり目当てのお客で、大賑わいに。

大勢の人から、チヤホヤされて浮かれてしまうあかり。さらに、あかりが密かに思いを寄せていた、いつもお店に来てくれるイケメンに、デートのお誘いまでもらって気分は最高潮に達します。

このまま順風満帆に、あかりの人生は進むのでしょうか。次回をお楽しみに。

第1話の見逃し配信はこちらから

キャスト&スタッフ│向かいのバズる家族の出演者は誰?

女優であり、グラビアアイドルとして、活躍する内田理央さん27歳。

そんな内田さんが、主演を務める新ドラマ「向かいのバズる家族」の原作者は、なんと俳優のマギーさん(児島雄一)です。

脚本家としても、今まで数々の映画やドラマを、手がけてきたマギーさんによる、完全オリジナルドラマになります。

さらに、ドラマに出演されている、多くの豪華キャストや番組に対してのコメントを、ご紹介していきます。

キャスト一覧

篝 あかり(かがり あかり)
演:内田理央
篝家の長女で、カフェ「corona」の店長。

皆戸涼太(みなと りょうた)
演:白洲迅
スポーツジムのトレーナー。あかりが店長を務めるカフェの常連客。

篝 緋奈子(かがり ひなこ)
演:高岡早紀
あかりの母。

篝 篤史(かがり あつし)
演:木下隆行
あかりの父で、番組制作会社のプロデューサー。

篝 薪人(かがり まきと)
演:那智
篝家の長男で、あかりの弟。

篝 清史(かがり きよし)
演:小野武彦
あかりの祖父。

盛田 桃(もりた もも)
演:小川紗良
カフェ「corona」の看板娘。

伊勢谷 伸(いせや しん)
演:永野宗典
カフェ「corona」のキッチン担当。

丹羽(にわ)
演:山中崇
番組制作会社のプロデューサーで、篤史の部下。

鴇田(ときた)
演:藤井武美
篤史が勤務する番組制作会社のアシスタントプロデューサー。

スタッフ一覧

  • 脚本:マギー
  • 監督:藤井道人
  • 音楽:ワンミュージック
  • 主題歌:きゃりーぱみゅぱみゅ 「きみがいいねくれたら」(ワーナーミュージック・ジャパン)
  • チーフプロデューサー:岡本浩一
  • プロデューサー:汐口武史、伊賀宣子(ザ・ワークス)、高橋優子(ザ・ワークス)
  • 制作協力:ザ・ワークス
  • 制作著作:読売テレビ

主演・内田理央さんからのコメント

今作の主演にオファーされた時の気持ち
最初、主演ドラマときいて、まさか?という気持ちでした。今この時期に、この枠の連ドラで主演できるっていうのは想像していなかったので驚きました。私にとっては2017年に出演した『恋がヘタでも生きてます』が、自分の殻をひとつ破れた思い出深い作品だったので、今回、その同じ枠で主演させていただけるのはすごく嬉しいです。

今回の作品で演じる「篝あかり」の印象
家族ものは最近少なかったし、その中でも今話題の「炎上」だったりとか「バズること」とか…SNSっていうものに家族全員が翻弄されていくっていうお話は、ありそうでなかったと思ったので、すごく面白いなと思いました。
あかりは普段は優等生でいつも笑っていて誰が見ても良い人なんですけど、実は自分しか知らないネットでの顔があるという設定が興味深いです。でも、実際にもこういう人って結構いそうだなと思ったので、ハッとしました。

視聴者へのメッセージ
今の時代、皆さんSNSは何かしらされている方が多いと思うのですが、このドラマはそのSNSの楽しさだったり、怖さだったりを自分の経験と重ねて楽しんで頂ける作品だと思います。ぜひ携帯をピコピコしながら見て頂きたいなと思ってます。どうかバズらさせて下さい(笑)

主題歌│向かいのバズる家族のテーマソングは?


主題歌「きみがいいねくれたら」を歌っているのは、きゃりーぱみゅぱみゅさん。

中田ヤスタカさんが、作詞・作曲を担当したこの曲は、本当にこの番組にピッタリな内容です。

配信リリースの予定は、2019年5月となっていますので、楽曲の購入はもうしばらくお待ち下さい

きゃりーぱみゅぱみゅさんからこの番組へのコメント

今回「向かいのバズる家族」というSNSを題材にしたドラマの主題歌を担当させて頂けて、とても嬉しいです!

常にSNSを通して自分を発信してきた私にとって、「きみがいいねくれたら」という楽曲が自分にピッタリだし、ドラマにもピッタリ。

歌っていてすごく気持ちがいいです。是非、ドラマと一緒に私の楽曲も楽しんでください!

ネットでの反応