「しくじり先生」南海キャンディーズの山ちゃんとしずちゃんが登場!コンビで共演NGのワケとは?

AbemaTVにて、6月9日、「しくじり先生」の南海キャンディーズの放送回が再放送されることが、決定しました。

過去、大反響だった南海キャンディーズの放送回。今回は、山里亮太さんの結婚報道を受けて、その話題に乗っかる形でAbemaTVが企画したようです。

そんな「しくじり先生」の南海キャンディーズ放送回ですが、いったいどのような内容が放送されたのでしょうか。過去の放送回について、ネタバレ含めてご紹介していきますのでご覧ください。

しずちゃん山ちゃんがコンビなのに共演NG?そのワケとは?

しずちゃんが山ちゃんを嫌うようになった理由は、いくつかあります。

まず一つ目が、とてつもない過干渉。とにかくしずちゃんを売れる芸人にするために、怪物に育て上げようと山ちゃんは必死でした。

その結果、収録中以外でも、しずちゃんが人に迷惑をかけてしまい謝ると、「謝るな!それは人間のすることだ!」と説教をする始末。

それでも受け身体質のしずちゃんは、山ちゃんの指示に従います。その成果なのか、M-1でなんと準優勝を果たした南海キャンディーズ。

一気にスケジュールは埋まり、一躍超人気芸人の仲間入りを果たします。

山ちゃんのしずちゃんへの嫉妬がここから始まる

成功したなら、普通はそれで満足して嫉妬などするはずがありません。

しかし性格が歪んだ器の小さい芸人No1を自称するだけあって、なんとここからしずちゃんへの山ちゃんの嫉妬が始まります。

山ちゃんが狙った通り、色々な番組やイベントに出演する度に、面白い面白いと周囲から評価される怪物の女性芸人・しずちゃん。

その一方で、山ちゃんは「じゃない方芸人」と呼ばれるようになります。

挙句の果てには、しずちゃんだけCMに出たり、レギュラーをもらったりとするため、嫉妬で耐えきれなくなる山ちゃん。

そしてついに、映画「フラガール」の出演オファーを一人もらったしずちゃんに、山ちゃんは我慢できなくなり、出演を揉み消そうと裏で相方の邪魔をするようになります。

南海キャンディーズコンビ解散の危機?

好きな男を奪われた女のように、嫉妬の炎が渦巻く山ちゃん。相方の仕事の邪魔をするだけでは、気が収まるはずもありません。

ネタ合わせも顔を合わせなくなり、同じ部屋でもお互いに距離を取って過ごす始末。

その結果、コンビネーションが悪くなり、コントもウケなくなっていきました。

笑ってもらえないとなると、今度は自分の芸人としての自身も崩れていきます。

周囲の声が悪口ばかりに聞こえ始め、一人テレビ局の階段で座って泣いて過ごす日々。過食症でどんどん太っていくようになり、電車の車輪や連結部分が出す音でさえ、悪口に聞こえるようになっていきました。

まだまだ続く山ちゃんの妨害工作

番組にコンビで呼ばれれば、しずちゃんの振られるトークを事前に調べておき、一切喋れないようにトークの横取り。

他にも、コンビ呼ばれないように南海キャンディーズのオファーを全て、山里亮太のピンのオファーに勝手に書き換えます。

そして、しずちゃんがボクシングの試合に出るとわかると、興味もないのにカメラに映るためだけに、試合会場に行ってしずちゃんを利用。当然、取材だけ受け終わったら、さっさと帰っていました。

しずちゃんがいなくなって自分の愚かさに気づいた山ちゃん

これまでひたすらしずちゃんの邪魔をすることだけに、心血を注いてきた山ちゃん。

しかしそれは当然、お笑い芸人としてやるべきことではありません。

そんなことをする暇があったら、もっとお笑いに漫才に、時間と労力を割くべき。

そのことに、しずちゃんがボクシングに没頭するため、お笑い界から身を引いたことで、ようやく気づきます。

南海キャンディーズ再結成

ボクシングを引退したしずちゃんでしたが、昔の自分は山ちゃんに漫才のことは頼りっきりで、自分はほとんど何もしてない。ただのラッキーでここまで来ていたことに、気付き反省をします。

お互いにコミュニケーション不足が、あったことに気づいた二人のコンビ。そんな中、しずちゃんは山ちゃんへ、もう一度M-1に出たいと誘いをかけました。

けれども、すでに5年以上コントをしていなかったので、ブランクもすさまじく、その練習は本当に過酷なものとなります。

それでも練習を続け、結成15年目にして初めての単独ライブを実現。そこで、もともとは12分だったネタが、アドリブで24分と倍にまで伸びてしまう二人。

それは漫才がそれだけ楽しかったことの証であり、しずちゃんも山ちゃんが横にいて、こんなに楽しいのは初めてと思ったと話します。

それから、これまではマネージャーを通してしか、会話をしていませんでしたが、ようやく直接話せるようになります。

南海キャンディーズとは?コンビ結成までの歴史

最初、「足軽エンペラー」というコンビで活躍していた山ちゃん。当時の相方は、しずちゃんではなく、西田富男さんという人で、この人からメンタルが崩壊するまで追い込まれます。

その後、西田さんに捨てられる形で、コンビ解散となった山ちゃん。次に始めたのは、ピン芸人でした。

「イタリア人」という名前で活動しますが、全く人気は出ません。

山里亮太のひらめき

そこで山ちゃんは考えます。ライバルの少ないお笑い分野に挑戦すれば、勝てるのではないかと。

それまで、普通のコンビやピン芸人をやっていましたが、インパクトも薄く記憶に残りにくく、さらに面白いネタが披露できるわけではなかったので、なかなかウケるのが難しいのが現実でした。

その経験から山ちゃんが導き出した答えは、男女コンビでお笑い界に挑戦しようというもの。当時は女性芸人が非常に珍しく、今でもそうですが、男女コンビで活躍する芸人でさえ多くありません。

山里亮太と山崎静代の出会い

そして、山ちゃんが相方として見つけてきたのが、しずちゃんでした。

当時、しずちゃんは他の人とコンビを組んでいたのですが、どうしても一緒にコンビを組みたかったので、必死に説得します。

まずは親しくなるために、しずちゃんの好みをリサーチ。甘いものが好き、漫画が好き、そういったことを一つずつ調べて習得していき、徹底的にしずちゃんの好みに自分を合わせます。

あまりのその必死さから、当時のしずちゃんも山ちゃんから告白されるのでは?と完全に勘違いされたほど。その苦労の甲斐もあってか、見事しずちゃんを口説き落として、「南海キャンディーズ」結成となります。

しくじり先生とは?

テレビ朝日で2014年から、約3年間放送されていた人気バラエティ番組「しくじり先生」。

様々な失敗を経験してきた有名人が、自分と同じ失敗を繰り返さないように、己の教訓と問題点を話す教養番組です。

もともとは朝日放送でしたが、番組が終了したことで、朝日と提携を組んでいる「AbemaTV」がタイトルだけもらって、また新しく番組を作り放送することに。

そのため、現在の「しくじり先生」はAbemaTVのみで視聴が可能となっています。

打ち合わせと構成がとにかく精巧

「しくじり先生」という番組ですが、その特徴は圧倒的に事前打ち合わせに時間をかけるという、その構成の緻密さと精巧さです。

何度も何度も重ねて話し合うことで、出演者の人生を本になるまで綺麗にまとめあげます。その本は人によっては、数冊に及ぶこともあり、ここまで打ち合わせに時間をかけるのは、民法ではかなり珍しいとのこと。

番組の演出は北野貴章さんが担当。レギュラー出演者は、若林正恭さんと吉村崇さんです。

基本的には30分番組ですが、その枠で収まりきれない時はスペシャルとして、特別枠で放送されることもあります。

ネットでの反応