井上和香ライザップで減量成功も新CMでワカパイがしぼんだと悲痛の叫び!画像を調査

グラビアでも活躍していた女性タレント、井上和香さんがライザップに挑戦したことが話題になっています。

3か月間のトレーニングで、40kg台まで体重を落とした井上さん。くびれの見事な全身画像や、いつものBGMでおなじみのCM動画が公開されました。

しかし、画像を見た方の反応は様々です。特に「ワカパイ」がしぼんでいる! という、男性の悲痛な叫びが多く聞かれています。

今回は、井上和香さんが挑戦したライザップの減量について、画像や動画なども交えて紹介していきます。

今回のライザップ挑戦者は、井上和香!約10kgの減量に成功!

ライザップといえば、芸能人が減量にチャレンジすることでよく話題となります。

今回挑戦した井上和香さん(身長166cm)について、その結果を見てみましょう。

  • 体重:58.8kg → 49.1kg(-9.7kg)
  • 体脂肪:31.9% → 20.2%(-11.7kg)
  • ウエスト:80.0cm → 64.7cm(-15.3cm)

この減量を3か月ほどで成功させたということです。

BMI的には、もとから肥満体型ではない

井上和香さんの減量前の画像を見ると、確かにおなか周りの脂肪が確認できます。ただ、極端に肥満だと感じるほどではありません。

井上和香さんについて、所属事務所「イノセント」のプロフィールを見ると

  • 身長:166cm
  • スリーサイズ:88・60・90

と公開されています。

体型に関する1つの目安、BMIを算出する計算式は「BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}」で表されます。

ライザップによると、166cmという慎重に対し、減量前の体重が58.8kgという井上和香さん。BMIの計算式に当てはめると、その数値は21.3くらいになります。

日本肥満学会定義される標準体重はBMI22。つまり、井上和香さんは健康面で見ると、減量前から特に減量を迫られるほど太ってはいなかったということです。

水着で子どもをプールに連れて行きたかった

井上和香さんがライザップでダイエットしようと思ったきっかけについて、インタビューで話しています。

プールが大好きなお子さんをスイミングに通わせたかったのですが、まだ小さいお子さんであったため、親子教室しか選択肢がなかったんだそうです。

お子さんと水着でプールに行くことを目標にトレーニングに励んだという井上さん。体力がつき、家事もテキパキこなせるようになったと、ダイエットの結果に満足であることも話しています。

減量成功も88cmの「ワカパイ」がしぼんだと悲痛の声が!

ライザップの減量成功に、井上和香さん自身はかなり喜んでいます。しかし、減量後の姿を見た方からは、意外な反応も多数出ています。

特に男性の声として多かったのが、「胸が小さくなった」という意見。井上和香さんは若い頃、「ワカパイ」という愛称で、胸の大きさをウリにしたグラビアで活躍していました。

それだけに、まず井上和香さんのダイエット画像を見て、胸の大きさに注目してしまう男性が多かったということですね。

「ガリガリ」レベルの痩せ方に疑問の声も

今回、井上和香さんは体重をグラビア時代よりも軽い40kg台、49.1kgまで落としています。身長166cmでBMIの計算式に当てはめると、その数値はなんと17.81!

日本肥満学会の「低体重」の基準値、18.5未満に該当するほど、かなり減量したということになります。

ここまでの痩せ方に、ビフォーアフターを見た方からは賛否両論の声が上がっています。否定的な意見として、「ガリガリで痩せすぎ」「健康に悪そう」といった声も多いです。

女性が目指す、美容的にベストな体重は、必ずしも周りの目から見て理想的ではないということが、ネット上の意見からうかがえます。

井上和香のライザップ新CM動画は、7月4日から公開!

井上和香さんがライザップで40kg台まで落としたビフォーアフターは、例によってテレビCMで7月4日(木)から公開されます。

ライザップトップページでも、井上和香さんを広告の前面に押し出し、ビフォーアフターの画像を紹介しています。

夏に向けて水着を着たいという女性、産後太りに悩んでいる女性をターゲットにした広告は、ライザップCMの中でも新しい展開となっていますね。

大反響のライザップCM、井上和香の次は誰?

最近は芸能人が減量にチャレンジした様子を、ビフォーアフター画像で公開することにより知名度を上げてきたライザップ。

今回の井上和香さんのように、グラビア時代よりも上を行く減量に成功させるというのは、相当インパクトがあります。

次はどんな有名人がダイエットに挑戦するのか、次のCM展開も気になってしまいます。