芸人おやきはどこのバーで勤務?本名や現在の様子とは?追跡バスターズが直撃取材!

2019年6月5日、「怒りの追跡バスターズ」で、芸能界トップのクズ男に、坂上忍さんが直接対決を挑みます。

どれだけ他人に迷惑をかけても、反省の色を見せない芸人おやき。身近な人間だけでなく、警察でさえ手を焼く光景には、出演者も驚きを隠しきれません。

借金の被害者(芸人時代の元相方)とともに、坂上忍さんが芸人おやき(仮名:スズキ)を直撃します。果たして、借金問題はちゃんと解決するのでしょうか。

芸人おやきくんの現在や本名とは?

本名・正村綱良(しょうむらつなよし)、長野県出身の1982年生まれ36歳の元芸人おやき。

かつては吉本の養成所に入り、卒業後はタカダ・コーポレーションというコンビ名で、そこそこテレビでも売れていました。

しかし、数々の問題を起こしたことから、吉本から解雇通知を出されます。その後、電撃ネットワークというグループに所属しますが、「怒りの追跡バスターズ」で炎上したことから同グループにはクレームが殺到。間もなく解雇されてしまいました。

今現在は一人で、千葉県木更津市にあるバー「BAR モンスター」で働いていますが、全く反省の色を見せずに借金のことをネタにしながらお客にトーク。挙句の果てには、客に借金を迫るという醜態まで平然と晒します。

警察から取締を受けても反省の色は全くなし

番組が撮影中、恐ろしいことに車で信号無視を繰り返す、おやき。

運転中にスマホで通話、立て続けの信号無視。その結果、警察から頻繁に取締を受けることになります。

しかしそれでも反省の色を見せないおやきは、違反行為を繰り返すため、撮影中の間だけでなんと3回もパトカーに捕まって罰金を払うことに。

その総額は、およそ3万円に達すると見られ、借金するほど金がないと言っていたため、番組関係者も疑問を感じずにはいられません。

「怒りの追跡バスターズ」の放送内容

坂上忍さんが、番組史上最もムカついたというのが、元芸人のスズキ(仮名)。この芸人スズキに被害を受けたのが、ニッタさん(仮名)で、2014年に300万円を貸しましたが、全く返ってきません。

お金を借りた当時、スズキはプロの格闘技イベントに参戦するため、そのイベントのギャラで返済すると説明していました。

しかし実際には格闘技イベントそのものが開催すらしておらず、その後音信不通になり行方をくらませていました。

番組はスズキを発見すると調査を開始

スズキはとある駐車場で、男性と車内で話しています。その内容は、借金をするための契約書を見せている様子です。

車内で60代ぐらいの男性と、借金の契約を交わすスズキ。返済合計額の欄には2470万円と書かれています。

その借りた金の使い道はというと、数日後には札束を引き下ろし、パチンコや飲み代に使っていました。

お金を返す意思が全く見られないので、番組スタッフが電話で直撃すると、スズキは弁護士を通せの一点張り。

いよいよ坂上忍が直接電話で交渉

坂上さんがスズキを電話で説得するも、逃げ回り続け借金を返す様子はありません。

この直撃の翌日、スズキは番組に抗議の電話をしてきました。スズキは電話で、ニッタさんは闇金の人だと主張します。

この電話を聞いたニッタさんは、さらなる怒りに打ち震えました。そこから2ヶ月後、再びニッタさんを尋ねるもお金は全く返済されていません。

さらに、前回の放送終了後に番組にSOSを送ってきたのは、スズキの元相方だというサトウさん(仮名)。

2014年6月にサトウさんは芸人を辞め、一般の会社に勤めていましたが、スズキから金をせびる電話がかかってきました。

結局50万円を貸して借用書も書いたが、返済はされませんでした。

スズキに金を貸していた60代男性は実の父親であると判明

午後8時、直撃する前に坂上さんは、スズキに金を貸していた60代の男性に電話をします。

すると、この男性はスズキの父親であることが判明します。

父親によると、スズキは「闇金に殺されるかも知れない」と金を無心し、総額2000万円以上を貸していると語ります。

坂上さんは「お父さんも追い込まれてしまっている」、朝日奈央さんは「ムカつきすぎてVTR見てる時の顔が、テレビに出られない顔になっていた」と話しました。

再度番組スタッフはスズキの自宅近くで張り込み

スズキは、夜に自宅近くのバーで働いていました。スズキはお客さんに、ニッタさんへの借金は返しているとウソをつき、追跡バスターズをネタにすらしている様子。

さらに「1番嫌いな芸能人は坂上忍」と言い、借金を返済する意思は全く見受けられません。さらにスズキを尾行すると、車で信号無視をして、パトカーに止められていました。

直撃の当日、ニッタさんと元相方のサトウさん、弁護士、坂上忍さんが待機します。そして、スズキが勤めているバーから出てきたところで追跡開始。

ただ、自宅にこもられないよう先回りしようとしたが間に合いません。そこで、スズキがバーに出勤する時に直撃することに予定を変更します。

被害者とスズキの直接対決

ある日の午後9時、スズキが働くバーの前で張り込みます。スズキが午後9時45分にバーに到着すると、すぐに坂上さんが直撃します。

坂上さんが直撃すると、スズキはしぶしぶ話し合いに応じ、バーに入っていきます。スズキが言い逃れをしますが、それを許さない坂上さん。

そして、ニッタさんの名前を出すとスズキには抵抗がある様子ですが、それでもニッタさんと直接会うことに同意させます。

そして、4年もの間、音信不通だったスズキとニッタさんが対面します。ここで、ニッタさんは想いをぶつけます。

するとスズキは、ギャンブルで人から金を借りた結果、膨れ上がってしまったと説明します。ここで、番組が突き止めた卑劣なウソを弁護士がスズキに突きつけます。

全て嘘にまみれたスズキ

ニッタさんによると、300万円を貸した時に、スズキは格闘技イベントに出場すると言っていたが、そのイベントは開催すらされていませんでした。

するとスズキは「大晦日にイベントがあった」と平然とウソをつきます。イベントについてさらに追求されるとスズキはしどろもどろになりました。

ここで弁護士は、金を借りるときの前提問題でウソをついていると詐欺罪に該当すると説明します。

結果、スズキの今の平均月収は30~40万円で、そのうち3万円を月々返すと言いました。

ただ、また嘘を重ねないようと、元相方がスズキに思いをぶつけます。最後に坂上さんは「まだ信用するのは早い、ニッタさんもよく我慢した」とコメントしました。

スタジオで被害者が心の内を話す

ロケ後に、スズキとの間であることがあったと語ります。それは、ロケが終わると、バーの中でふんぞり返って態度が変わったそうで、この状況にニッタさんは刑事告訴をすると説明しました。

弁護士の住田裕子さんによると、これは詐欺罪にあたり、刑事告訴するのも1つの方法だと語りました。スズキからニッタさんへの最初の返済日は6月1日。

約束の3万円は振り込まれたましが、ニッタさんは、今後は支払いが滞ったらいつでも刑事告訴すると語りました。

芸人おやきの反省のなさに被害者も刑事告訴を覚悟

2019年6月5日放送分の「怒りの追跡バスターズ」では、借金を繰り返し一切返済せず逃げている芸人スズキ(仮名)と坂上忍さんが直接対決しました。

追跡すると、芸人スズキは他にもさらに借金を繰り返していて、返済はしていない様子で、働いているバーでは、客に嘘をつき番組についてもネタにしていました。

逃げるスズキに坂上忍さんがなんとか直接対決にもちこみ、被害者のニッタさんや弁護士などと話し合い、イベントで返済するという嘘をつきつけ、結果的に月々3万円を返済するという約束を取り付けました。

1回目の返済はありましたが、ロケ後に態度が急変したことから、今後支払いが滞ると刑事告発する流れになりました。

今回の直接対決の結果、一定の成果は出せましたが、完全解決とまではいきませんでした。