アルフリードゲームスの作品・代表作は?倒産した理由についてもご紹介

5月8日、東京都千代田区にある、「株式会社アルフリードゲームス」が、倒産したことが明らかになりました。

当社はスマホゲームアプリの開発会社を手掛けていましたが、2月26日から事業を停止。さらに、事業売却の目処も立たず倒産したことで、従業員は給料2ヶ月分が未払いのまま、全員解雇となり問題となっています。

なぜ倒産することになったのか、この会社の代表作や社長についてなど、気になる情報をご紹介していきます。

アルフリードゲームスの作品・代表作

  • 会社名:(株)アルフリードゲームス
  • 設立:2017年3月23日
  • 住所:新宿区西新宿6-15-1
  • 資本金:2500万円
  • 登記住所:千代田区西神田3-5-3
  • 企業コード:024170577
  • 法人番号:1010001182389

皮肉にも、破産したことで一躍全国で、有名となったアルフリードゲームスですが、どのようなゲームを作っていたのでしょうか。

会社が主体となって開発したアプリゲームは、今年の3月にリリースされる予定でした。

しかし、開発が遅れたことや、資金繰りが困難となったことにより、破産してしまったことから、代表作は1つもありません。

また2017年に設立されたばかりでしたので、業界での評判も全く無いに等しく、事業売却も模索しましたが、当然そんな会社を買いたいと名乗り出る人が現れませんでした。

結局、多くの従業員から完全に無意味な作業をさせて時間を奪い、多額の費用を浪費しただけで、終わってしまうという結末となります。

倒産した理由とは?

気になる会社の倒産理由ですが、一番の原因は開発期間の遅れと、あまりにもギリギリな資金繰りの状況でした。

自社で初となるアプリゲームを、2019年3月に発表することが、予定されていましたが、開発が遅れたことで商品化できずに、2月から急激に資金繰りが悪化。ついに破産手続きをすることになりました。

その負債総額ですが、なんと約3億3600万円。アプリゲームは、安いものだと一人で1ヶ月あれば開発できるこの時代に、たった1つのゲームにここまでお金をつぎ込めたのはある意味偉業です。

社長の奥津秦彦の経歴や今現在の様子は?

■奥津秦彦の経歴

  • 誕生日:1969年6月2日
  • 1997年10月朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所
  • 2002年6月公認会計士登録
  • 2008年2月奥津公認会計士事務所開設代表(現任)
  • 2009年10月株式会社もりぞう監査役
  • 2011年9月税理士登録
  • 2011年12月スパイシーソフト株式会社入社経営管理部長
  • 2012年6月スパイシーソフト株式会社監査役
  • 2013年12月株式会社バンク・オブ・イノベーション常勤監査役
  • 2015年7月当社社外監査役
  • 2017年3月株式会社アルフリードゲームス代表取締役(現任)
  • 2018年6月有限責任開花監査法人設立パートナー(現任)
  • 2018年10月当社社外取締役(監査等委員)(現任)

28歳で監査法人に入り、33歳で公認会計士になった奥津さん。公認会計士の資格取得は、非常に難しいことで有名ですので、33歳で取得というのは早くはありませんが、遅くもありません。

開花監査法人は、大塚家具など大手企業の会計監査なども務めていたようで、かなり大手の法人です。

そのようなエリートコースを走ってきた奥津さんですが、ゲーム会社の監査をした際に、スマホゲームはかなり儲かるということを知り、自分も会社を設立してやってみたのではないかと、経歴から考えられます。

ネットでの反応